サプリ服用やチントレ前には温湿布で効果アップ

ペニスサイズを増大させるにあたって一番気を付けなければならないこと、それはペニスに流れる血液の量や巡りです。

そもそも勃起とは性的な刺激を受け取ったと脳が認識し、それが血液に作用して、集まった血液で海綿体(=男性器)が凝固するというメカニズムです。
もちろん、脳や神経、海綿体に何らかの異常があれば勃起はしませんが、それ以上に一番状態が不安定になりやすいのが血管です。
糖尿病や高血圧、高血糖などは今や生活習慣病・現代病と揶揄されるほどに身近なものになりました。
これら生活習慣病に罹患していなくても、日々のワークアウトで体の血はドロドロになっています。疲れが溜まっていると勃ちが悪くなるのはこれが原因です。
なので、正常な勃起は勿論、ペニス増大を目指すのならペニスをほぐし血流を正常なもの、そして作用を拡張させることが必要なのです。

ペニスに流れる血流を整えるためには、まず温湿布を行いましょう。
ハンドタオルサイズの布をお湯に浸して程よい湿り気を保つように絞ってください。
その布でペニスの陰茎全体を包みこみ、1分間ほどそのままにしてください。このときペニスは勃起していてもしていなくてもかまいません。
これを数セット行ってから、最後にペニスの包皮についた水分を拭き取ってください。

この温湿布のコツとしてはお湯の温度は人の体温よりやや高めにしておくこと(目安:38度~40度)と、最後に必ず水分を拭き取ることです。
温めることの意味は分かりますよね。そのまま血行促進・血流促進を意味します。
この時人肌程度の温度にしておくことで温めすぎるということはありませんし、温度が低すぎるということもありません。人が一番落ち着きやすい温度ということですね。
水分を拭き取らなければならない理由は、水分が付着したままだとこの後にマッサージやジェルキングしにくいですし、それ以上に冷えてしまいます。これでは逆効果ですね。

温湿布することでペニス増大には直接的には結び付きません。
しかし、ストレッチやジェルキング、精力剤の服用、ペニス増大器具の使用などの効果を何倍にも高めてくれます。
つまり、温湿布はペニス増大のための下準備というわけですね。

サブコンテンツ