長茎手術という最後にしてとっておきの選択肢もある

ペニス増大サプリメントは体質や年齢に関係なく効果が出るように製造されていますが、自分が思うような結果が出ないこともままあります。
たとえば、「8センチの増大も夢じゃない!?」と謳っている精力剤を半年服用したけど、結果は3センチしかサイズアップしなかったら、使用者はほとんど満足感を得ることがありません。
なぜなら、「8センチの増大も夢じゃない!?」という肩書きを信じて購入して、結果が3センチしかサイズアップしなかったからです。
このように精力剤は効果に確実性はなく、また謳い文句を信用し過ぎると痛い目を見てしまうこともあります。
なので、多少お金はかかっても確実にペニス増大をしたいのならペニス増大手術――いわゆる長茎手術や長径手術を受けることをおすすめします。

以前、ペニス増大手術にはデメリットがあることを紹介しました。【参考記事:ペニス増大としての手術
中でも失敗したときの被害が一番大きいのはペニス増大手術という事実を知り、長茎手術を敬遠する人も少なくありません。
しかし、長茎手術はデメリットばかりではありません。
むしろ、確実性と即効性を考えるなら長茎手術は最も優れたペニス増大法です。
長茎手術は30分~1時間程度で終了します。
カウンセリングとアフターカウンセリングを含めても2時間程度しかかからないので、社会人でも半休をとって長茎手術を受けた後、そのまま仕事に行くことができるため現代社会に適しています。
また、術後も3週間程度の期間で入浴・運動・性交など日常生活にかかわるすべてのことが解禁されるので効果を早く実感しやすいです。
効果に関しても手術が失敗しなければ確実に臨んだペニスサイズに長茎できますし、病院選びをしっかりと吟味すれば失敗することはありません。

こういったことから長茎手術は一概にダメとは言えず、むしろ非常に有用なペニス増大法と言うことができます。

サブコンテンツ